ご利用事例のご紹介Examples

  • 自費(保険外)の
    プライベート
    看護
  • 訪問看護
    ステーション
    ナースであんしん
  • 訪問介護
    事業所
    あんしんサポート
  • 自費と
    保険の組み合わせ

自費(保険外)看護サービス「プライベート看護」をご利用いただいた際のご利用事例です。

ご自宅

88歳 女性

病院に入院中、体力が落ち、食事が取れなくなってしまいましたが、ご本人もご家族も延命を希望されず、最期の時をどう過ごすか、ご家族間で何度も話しあった結果、ご自宅でのお看取りとなり、弊社にご依頼をいただきました。予後2週間くらいとのご説明でしたが、ご自宅に戻ると食欲も出て、少しでしたが食事も取れるようになりました。一日2回訪問させていただき、2か月もの間、ご家族との時間を過ごされ、長年住み慣れたご自宅で、静かに息を引き取られました。私たちもご家族の愛情に囲まれたお看取りに関わることができ、充実した時間を共有することができました。

施設

83歳 女性 有料老人ホームにご入居中

ご主人と死別後、ホームに入居されています。肺炎を患った後、食事が取れなくなり、胃ろうを造設しました。ホームには日中しか看護師がいないため、夜間の胃ろうの管理と吸引のケアをさせていただいています。顔なじみのスタッフに囲まれて、安心されたご様子で日々を過ごされています。

通院

85歳 男性 奥様と同居

月に1回の病院付き添いのお手伝いをさせていただいています。高齢の奥様だけでは移動などが大変なため、看護師が同行し、先生のお話をしっかり伺い、奥様やご家族様にもわかりやすくお伝えしています。

外出

55歳 男性 大腸がん末期

入院中で、お体の状態も非常に悪かったのですが、ご子息様の結婚式に出席したいとのご依頼をいただき、介護タクシーの手配、結婚式の下見など、万全の準備をして同行しました。式の途中、お具合が悪くなり、いったん退席されましたが、控室で少しお休みになり、最後のご家族挨拶には列席され、新郎のお父様のお役目を立派に果たされました。ご本人様もご家族様にとっても、とても大切な時間のサポートをさせていただきました。

まずはお気軽にご相談ください

受付時間 平日9:00-17:00

訪問看護ステーション「ナースであんしん」のご利用事例です。

事例1

92歳 女性(要介護度4)

症状:床ずれ

20年前より娘さんが一人で母親の介護をしていましたが、最近になって床ずれができてしまい、娘さんは「ケアが至らなかった。自分のせいで床ずれができてしまった」と、自分を責めるようになっていました。そのような状態の時に私たちが訪問介護を開始し、床ずれも次第に小さくなってきました。ご本人も痛みを訴えなくなり、娘さんにも笑顔が戻ったことが、スタッフの喜びとなりました。

相談受付票をダウンロード頂き、FAX03-5475-7758へお送りください。

訪問介護事業所「あんしんサポート」のご利用事例です。

事例1

85歳 男性(自費)

ニューヨークへの付き添い介助をしました。
*長期間の海外への付き添いも可能です。

事例2

91歳女性 要介護5(介護保険)

病院からの退院ケース。自宅にて朝、夕の排泄介助、清潔支援。
退院時から比べると、経口摂取量も多くなり、一時は施設入居も考えられたが、家族、ヘルパー、関係者の支援にて在宅生活を継続中。

事例3

54歳男性 要介護3(介護保険)

市町村特別給付を併用して、通院介助を行いました。

相談受付票をダウンロード頂き、FAX03-5475-7758へお送りください。

自費と保険を組み合わせた場合のご利用事例です。

ご自宅

85歳 男性

肺炎で入院し、寝たきりの状態ではありましたが、ご家族様の強い希望で介護保険と自費のサービスを利用して、自宅での介護をスタートしました。昼間は主に介護保険を利用してのケアを受け、自費サービスでは夕方や土日の食事介助、吸引、パット交換、床ずれの処置をしています。現在は食欲も出て、笑顔や発語も見られるようになりました。